【バリュー平均法】運用実績を毎日更新(人´∀`)128日目+715,764円(+25.2%)☆.米国市場反発:*・゚根強い景気回復期待「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」、「iFreeレバレッジ FANG+」運用

運用実践

 

さくらです。

今日は128日目の資産運用報告になります。

みなさん、こんにちは(人´∀`).☆.。.:*・゚

今日は、お仕事が忙しく、お昼ご飯が食べれなかったです。お腹減った(*´艸`*)

でも明日は病院に行くため会社をお休みする予定なので、今日その分がんばります♪♪

金曜日のお休みは最高ですよね~♪3連休嬉しいです♪♪

今日は短めですがこの辺で.。.:*♡

 

今日も無理せず息抜きしながら過ごしましょう(*´∀`*)人(*´∀`*)

それでは運用報告です♪

当ブログでは、「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」、「iFreeレバレッジ FANG+」の3つのレバレッジ投資信託をバリュー平均法という長期投資手法で購入し運用を行っています

バリュー平均法とは、バリューパス(資産目標額の推移)を決め、運用資産評価額がそのバリューパスに一致するように投資を行う方法です。

バリュー平均法について分かりやすく纏めましたので初めての方はぜひご覧ください(*˘︶˘*).。.:*♡

毎日1万円増えるバリューパス(資産目標額の推移)を設定し、投資金額を算出し投資を行っています。日々資産価値が増減しますが、運用資産評価額が下がっていれば投資金額を増額し、資産価値が上がっていれば減額します。これにより、購入平均価格を下げることができ、トータルリターン向上 につながります。

◆運用内容
投資信託:iFreeレバレッジ S&P500、iFreeレバレッジ NASDAQ100、iFreeレバレッジ FANG+
投資方法:バリュー平均法
投資間隔:1回/日
期間:2020年10月6日~2021年4月21日
投資金額:1万円/日
2010年10月からの月別実績は下のグラフの通りです。2021年2月、3月は少し下落していますが、安定的な運用を実現しています(*´∨`*)9))

では、さっそく運用結果を見ていきましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

 

スポンサーリンク

運用結果

「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」、「iFreeレバレッジ FANG+」の運用結果は下記の通りです。

2020年4月のバリュー平均法による運用状況を表に纏めました。ランクという列を追加しています。

「iFreeレバレッジ S&P500」のランク「1/総数」は、2021年1月から現在の基準価格において、今日の基準価格が一番高いということを表しています。また直近のランクが全て上位であることは、大きな上昇トレンドが継続していることを意味しています。

本日の投資金額は下記計算式で決定していますが一部裁量で決定している部分もあります。

【計算式】本日の投資額=((バリューパス)-(約定分の運用資産評価額)-(昨日の投資額))/3

本日の投資額を算出する数式を少し見直しました。具体的には下記の通り実際のバリューパスとの差の1/3を投資額としています。変更理由としましては、資産価値の増減を平均的に吸収し、短期間での不要な売り買いを行わないためです。しばらくこの算出方法で試して見たいと思います(*˘︶˘*).。.:*♡

詳しくは、こちらの記事をお読みください.。.:*♡

本日もバリュー平均法による投資額算出により買いの指示が出ましたが、「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は、指数価格のランクからまだ高値と判断できますので、裁量で少しずつ売っていきます。下落時に追加投資資金が必要になりますので、引き続き現金化を進めていきたいと思います。

「iFreeレバレッジ FANG+」は高値圏から外れましたので、今日は取引無しで様子を見たいと思います。

 

本日の運用結果は、投資金額合計は2,842,749円、トータルリターン合計は715,764円(25.2%)となりました。

各ファンドのトータルリターンとその合計を下の表に纏めました。

トータルリターンがここ数日の下落で落ちてきました。。

S&P500 NASDAQ100 FANG+ 合計
TR(円) 248,602  214,469  252,693 715,764 
TR(%) 26.6% 22.7% 26.2% 25.2%

米国市場に関するニュース

【21日の米国市場ダイジェスト:NYダウ316ドル高、根強い景気回復期待】

ダウ平均は316.01ドル高の34137.31ドル、ナスダックは163.95ポイント高の13950.22で取引を終了した。

新型コロナウイルス変異種感染拡大を受けて、国務省が100カ国近くを渡航禁止国に指定したため経済活動の再開が抑制されるとの懸念に、下落して寄り付いた。しかし、押し目からは回復期待を受けた買いも強く上昇に転じたあと、引けにかけて上げ幅を拡大。セクター別では、自動車・自動車部品、半導体・同製造装置が買われた一方、公益事業が売られた。

– 2021/4/22 フィスコ

2021年4月21日の米国市場に関するニュースです。
ここ数日間、各指数価格が史上最高値付近で利益確定売りに押され下落していましたので、このまま下落する可能性もありましたが、昨日は押し目買いも入り、上昇に転じました。
しばらく買い手と売り手の攻防が続く展開になるでしょうか。
バイデン米大統領は21日、就任後の国内のワクチン接種が明日にも2億回に達する見込みだと発表がありました。就任100日までの目標でしたが、92日目に到達したとのことで、株価上昇に向けて、良い材料となりました。
ただ、世界的に見てコロナの感染が収まらず、景気敏感株を中心に売りが先行している状況になりますので、引き続き下落も想定して投資を行っていきたいと思います(*˘︶˘*)
今日も最後まで読んでいただき、ありがとうございました(*˘︶˘*).。.:*♡

引き続きコツコツ長期運用を続けていきましょう。.:*♡

2021年も米国市場が右肩上がりの上昇相場が続きますように.:*♡

そして、今日もみなさんの資産が増えますように.:*♡

投資は自己判断でお願いします.:*♡

【投資信託ブログ村ランキング】

投資信託ブログ村ランキングに参加中です!
バナーを押すだけで1人1日1回投票できますので、よろしければ毎日バナーをクリックして頂ければ嬉しいです。応援投票お願いします(ㅅ>ω•*)

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村

スポンサーリンク
スポンサーリンク
最近のコメント
    運用実践
    スポンサーリンク
    さくらをフォローする
    さくら株blog 【レバレッジ投資信託×バリュー平均法】で長期運用を行うブログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました