【収支報告】長期投資6ヵ月目の運用結果まとめ

月次収支報告

こんにちは。さくらです。

今日は投資6ヵ月目の収支報告をしたいと思います。

 

当ブログでは、「iFreeレバレッジ S&P500」、「iFreeレバレッジ FANG+」、「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の3つのレバレッジ投資信託を「バリュー平均法」という長期投資手法で購入し運用を行っています。

バリュー平均法とは、バリューパス(資産目標額の推移)を決め、運用資産評価額がそのバリューパスに一致するように投資を行う方法です。

バリュー平均法について分かりやすく纏めましたので初めての方はぜひご覧ください(*˘︶˘*).。.:*♡

【保存版】バリュー平均法を分かりやすく解説 | さくら株blog ローリスク ハイリターンな長期運用を行うブログ (sakura-kabu.com)

 

では、さっそく運用結果を見ていきましょう(*˘︶˘*).。.:*♡

スポンサーリンク

投資6カ月目の運用結果

2020年10月~2021年3月のトータルリターン月別実績を纏めました。2021年3月はNASDAQ100,FANG+指数価値が下落傾向でしたので、先月から比べるとトータルリターンが減ってしまいました。

しかし、下落に合わせて投資額をバリュー平均法に従って増やしていくという作業を繰り返し行いましたので、また指数価値が戻れば、大きなリターンとなり戻ってくると予想しています。

3月末の結果は下記のようになりました。

それぞれの投資結果について詳しく見ていきます(人´∀`).☆.。.:*・゚

iFreeレバレッジ S&P500

iFreeレバレッジ S&P500の投資結果は下記の通りになりました。

投資結果

「iFreeレバレッジ S&P500」は、トータルリターンが過去最高となりました(*˘︶˘*).。.:*♡

どの期間においても安定したリターンが得られているのが分かります。

累積投資額 運用評価額 トータルリターン
2020年10月末 195,229円 182,384円 -12,846円(-6.58%)
2020年11月末 318,761円 351,757円 +33,482円(+10.22%)
2020年12月末 477,708円 524,707円 +47,554円(+9.71%)
2021年1月末 647,319円 667,414円 +70,019円(+10.8%)
2021年2月末 794,324円 839,883円 +78,462円(+9.9%)
2021年月3末 957,345円 1,070,339円 +148,911円(+15.6%)

 

ファンド情報

純資産残高は、着実に純資産額が増えてきています(*˘︶˘*).。.:*♡

特に3月のパフォーマンスが良く、先月末と比べ10億円以上も純資産額が増えました。.:*♡

基準価格 純資産額
2020年10月末 11,415円 22.81億円
2020年11月末 1,3782円 30.54億円
2020年12月末 14,262円 37.30億円
2021年1月末 14,871円 41.37億円
2021年2月末 15,217円 43.81億円
2021年3月末 16207円 53.86億円

楽天証券における各種ランキングは下記の通りです。

積立件数が先月よりも上がってきました☆.。.:*・゚

買付ランキング 積立設定件数ランキング
2020年10月末 94位 78位
2020年11月末 103位 60位
2020年12月末 143位 85位
2021年1月末 93位 81位
2021年2月末 163位 86位
2021年3月末 114位 58位

基準価格の推移チャートは下記の通りです。

2021年1月はバイデン新大統領就任もあり、コロナからの経済回復を示す指標発表もプラス要因に働き、2月も基準価格が上昇し続けました。3月は経済ニュースが乏しい時期であり、四半期決算時期で利益確定売りが先行しやすい時期ですが、S&P500は堅調な推移で指数価値が着実に上昇しました。

 

(出展:楽天証券)

iFreeレバレッジ NASDAQ100

iFreeレバレッジ NASDAQ100の投資結果は下記の通りになりました。

投資結果

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」は、2021年1月末までは順調にトータルリターンが推移していましたが、2月~3月末は NASDAQ指数を構成する代表的なハイテク株が大きく売られ、大きく下落しました。

累積投資額 運用評価額 トータルリターン
2020年10月末 192,456円 183,612円 -8,844円(-4.60%)
2020年11月末 327,979円 356,063円 +28,666円(+8.44%)
2020年12月末 462,832円 519,527円 +57,912円(+12.08%)
2021年1月末 615,547円 659,244円 +100,420円(+16.3%)
2021年2月末 860,424円 856,095円 +28,539円(+3.3%)
2021年3月末 1,040,808円 1,064,838円 +57,795円(+5.6%)

 

ファンド情報

「iFreeレバレッジ NASDAQ100」の純資産残高は順調に増加していて、安定した大人気のあるファンドです。あまり運用結果が良好ではない2月末~3月末の時期にかけて100億円以上の純資産が増えるということは、NASDAQ100の回復に期待されてられる方が多いということが分かります(*˘︶˘*).。.:*♡私もその一人です。

基準価格 純資産額
2020年10月末 21,243円 315.41億円
2020年11月末 24,594円 409.62億円
2020年12月末 26,355円 440.07億円
2021年1月末 28,264円 491.39億円
2021年2月末 26,975円 524.44億円
2021年3月末 26,634円 642.89億円

楽天証券における各種ランキングは下記の通り。積立件数の人気ランキングも高いですね(人´∀`).☆.。.:*・゚

買付ランキング 積立設定件数ランキング
2020年10月末 15位 24位
2020年11月末 34位 17位
2020年12月末 12位 16位
2021年1月末 10位 14位
2021年2月末 8位 9位
2021年3月末 12位 12位

基準価格の推移チャートは下記の通りです。

2020年度は順調な推移でしたが、2021年2~3月末にかけて割高感や長期金利の上昇が影響し、大きく下落しました。利確売りに押される状況が続いています。

(出展:楽天証券)

iFreeレバレッジ FANG+

iFreeレバレッジ FANG+の投資結果は下記の通りになりました。

投資結果

「iFreeレバレッジ FNAG+」は、2021年2月末までは順調にトータルリターンが上昇していましたが、3月末にかけて大きく下落しました。

累積投資額 運用評価額 トータルリターン
2020年10月末 184,761円 188,362円 +3,601円(+1.95%)
2020年11月末 330,177円 356,346円 +27,257円(+7.88%)
2020年12月末 436,755円 503,369円 +69,598円(+14.51%)
2021年1月末 569,979円 650,659円 +160,615円(+28.2%)
2021年2月末 781,228円 863,866円 +197,791円(+25.3%)
2021年3月末 1,092,691円 1,107,677円 +84,006円(+7.7%)

 

ファンド情報

2020年8月に設立されたファンドです。

2021年3月末はFANG+指数の推移が軟調であった影響もあり、純資産額が減少しました。

基準価格 純資産額
2020年10月末 11,883円 39.44億円
2020年11月末 12,469円 36.44億円
2020年12月末 13,789円 48.36億円
2021年1月末 16,016円 58.70億円
2021年2月末 16,693円 74.23億円
2021年3月末 14,580円 70.52 億円

楽天証券における各種ランキングは下記の通りです。先月より買付ランキングが大きく下がり、人気は低下気味です。

買付ランキング 積立設定件数ランキング
2020年10月末 70位 93位
2020年11月末 188位 72位
2020年12月末 63位 57位
2021年1月末 37位 67位
2021年2月末 42位 63位
2021年3月末 74位 97位

基準価格の推移チャートは下記の通りです。

コロナ禍においても良好な業績発表に支えられ2021年1月末にかけて、FANG+の指数価値は大きく上昇しましたが、2020年2~3月末にかけて割高感や長期金利の上昇が影響し大きく下落しました。

(出展:楽天証券)

収支報告まとめ

運用6ヵ月の投資結果は、トータルリターン+290,712円(+9.4%)というプラスの結果で終わることができました。2月に引き続き、3月も米国市場の相場は割高感や長期金利上昇の影響を受け下落基調が続き、なかなか厳しい運用状況でしたが、そんな中でもマイナスに一度もならなかったのはバリュー平均法で計画的な投資を行っている成果だと思います。

下落時にどのように行動するべきか、事前に決めておくことにより失敗が少なくなると思います。とは言っても、自分の資産価値が日々下落しているのを見ると、あまり気持ちが穏やかではいられません。

リスクを取らないと資産は増えませんが、リスクをコントロールしないと投資が不安なものになってしまいます。

私のブログでは、色々な運用結果を公表していますので、長期で見てどのような投資を行うのが良いか、自分に合った投資を見つけるきっかけになれば嬉しいです。

 

下記は、米国の代表的な指数のパフォーマンス推移です。私は、このうちS&P500、NASDAQ100、FANG+指数に投資を行っています。

(出展:大和アセットマネジメント)

今月は、S&P500指数の安定力が光る一ヶ月となりました。コロナ禍からのバリュー株復活で、更にその基調は強まっていくでしょうか。今後も運用結果を見て、結果を確認していきたいと思います(*˘︶˘*).。.:*♡

S&P500 NASDAQ100 FANG+ 合計
累積投資額 148,911 57,795 84,006 290,712
TR 15.6% 5.6% 7.7% 9.4%

(TR=トータルリターン)

過去の月次収支報告は下記をご覧ください。.:*♡

月次収支報告 | さくら株blog 【レバレッジ投資信託×バリュー平均法】で長期運用を行うブログ (sakura-kabu.com)

 

このブログが投資ファンド選びの参考になれば嬉しいです♪

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございました!

いつもクリック応援ありがとうございます!
更新する励みになります♪
スポンサーリンク
スポンサーリンク
最近のコメント
    月次収支報告
    スポンサーリンク
    さくらをフォローする
    さくら株blog 【レバレッジ投資信託×バリュー平均法】で長期運用を行うブログ

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました